– Ken忘録 –

microSDにアプリをインストール

Posted in NexusOne by cuda on 2010年4月17日

カスタムROMのCMを使うようになって、5.0.5.1くらいから “ 設定<アプリケーション ” に 「 Apps2SD 」という項目があるのに気が付いた。ちょこちょこ調べてみると、アプリケーションのインストール先をストレージカードにできる機能のようです。

NexusOneの内蔵メモリの空き容量は200MB弱( 合計512MB )ですが、何でもかんでもポイポイインストールしてしまうと直ぐに半分以下になってしまい、何となく心細い感じがするので、この機能はちょっと試してみたいと思いました。勿論、全てのアプリケーションをmicroSDに入れてしまうと動作がおかしくなるものもあると思うので、気を付けなければいけません。

この機能を使うためには、下準備が必要なようです。

  • リカバリーイメージを「 recovery-RA-nexus-v1.7.0-cyan.img 」に更新する
  • SDカードにEXT4パーティション作成
    1. 念の為、microSDの中身をPCにバックアップ
    2. 一応、microSDは初期化させておく
    3. リカバリーモードでNexusOneを起動
    4. メニューの「 Partition sdcard 」を選択
    5. 次に「 Partition SD 」を選択し、トラックボールを押す
    6. Swap-size は 32MB → 0MB に変更して、トラックボールを押す
    7. Ext2-size は 512MB のままで、トラックボールを押す
    8. 再度トラックボールを押して、パーティション作成( Partitioning complete! )
    9. メニューから「 SD: ext2 to ext3 」を選択( Ext upgrade complete! )
    10. 再度メニューから「 SD: ext3 to ext4 」を選択( Ext upgrade complete! )
    11. 再起動
    12. 「 設定 < SDカードと端末容量 < SDカード( セカンダリ ) 」に合計容量458MBと表示される。

しばらく使ってみて、やはりアプリケーションをたくさん入れてもメモリが殆ど減らないのは、気持が良いです。また、wipe後にROMを焼いても、起動直後にアプリが入っているのは、便利です。しかし、「 Simeji 」や「 AltTabApps 」、「 降水確率ステータス 」など、インストールし直さないとエラーの嵐になってしまうものもあるので、メモリに余裕が無くなって来た時の手段として使うことにします。アプリのインストールの手間を省くのであれば、「 Titanium Backup 」がありますから。

< 参考 >SDカードのEXT4パーティション追加 / あけはら散歩 さん

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。