– Ken忘録 –

ベゼル&トップカバー&ボトムカバー交換 @Bold9700

Posted in BBB by cuda on 2010年1月20日

f:id:cuda:20100120013928j:image

  • 手元にあるべセルとトップカバーは2組あって、最初に購入したトップカバーの無いベゼルは「SW-BOX」というショップから。これは受話部分の穴のクッションが無かったのですが、ボトムカバーとベゼルが同じマットブラックでベゼルに歪みが無い。その後購入したトップカバーとボトムのペアは「TRUESUPPLIER」の物で、先に購入したベゼルに付いていなかったクッションがあるものの、ベゼルに少し歪みがあり、ボトムカバーは少しツヤがある。2つ目のショップでは更に、先程のペアとは別にトップカバーも購入したのですが、裏面中央に半球状の突起が無い(セットの方にはある)。という感じで、同じパーツでもショップによって少し異なります。恐らくこれはショップの違いというよりも、個体差であると思うので、同じショップで購入しても違うと思われます。この辺が単品購入する個人にとっては厳しいところです。

f:id:cuda:20100120013330j:image

クッションを歪みの無いベゼルに貼り替え

f:id:cuda:20100120014026j:image

今回は突起の無い方を使用

f:id:cuda:20100120014008j:image

  • 2組の中から良いパーツを組み合わせて、いよいよ溶着。熱によってプラスチックを溶かしてリベットのように留めるわけですが、ココで紹介されているようにはんだこてを使用します。ただ、はんだこての場合、先端以外の太い部分も熱くなるので、溶着時にベゼルに接触してしまう恐れがあること、適度な温度調整がしにくいことから、今回、私は幅の狭いマイナスドライバーを使いました。

f:id:cuda:20100120013955j:image

このようにトップカバーとベゼルを組んで裏から見ると、こんな感じ。この突起を熱で押し潰す。

f:id:cuda:20100120013941j:image

仕上がりは汚いですが、マイナスドライバーをヘラのようにして押し潰す。(上部2ヶ所、全面左右6ヶ所)

f:id:cuda:20100120013913j:image

トップの溶着時に、マイナスドライバーの入射角が厳しく、少しベゼルを変形させてしまった。(所詮素人)

f:id:cuda:20100120090139j:image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。