– Ken忘録 –

ノリタケデザイン100年の歴史( 京都文化博物館 )

Posted in Diary by cuda on 2009年2月10日

全然詳しくは無いのですが、マイセンにも似た様にも思われますが年代的なものもあるのかも知れませんが、洋風のデザインであってもケバケバしくエグい色使いが無いところは、「 和 」の要素が強いからでしょうか。ウェッジウッドよりも好みです。また名古屋へ行った時には「 ノリタケの森 」に足を運びたいものです。

f:id:cuda:20090210220526j:image:w300

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。