– Ken忘録 –

環境設定 ~ ROM 焼きその後 ~

Posted in XPERIA X1 by cuda on 2009年1月13日

トロトロと設定をやっているうちに前回導入した ROM が VerUP したようなので、早速に入替え。大きな変更点としては、ランドスケープでも Manila 3D 表示が出来るようになったことのようです。rlToday を利用しているみたいですが、私的には今回入っていた「 SecondToday 」で通常の Today 画面との切替をしたかったので、その際に邪魔なので、rlToday を無効にしたので関係ありませんでした。前回の Ver. ではこの「 SecondToday 」の設定がスムーズに出来なかったのですが、今回はそれがすんなりと出来たので良かったです。

残念だったのは、Strage と Program のメモリが減っていた事があるのですが、これでも充分ですし、ROM 作成も大変なので暫くはこの ROM にて安定するか様子を見たいと思います。

改善されて良かった点としてもう2つ、「 QuickGPS 」が動作するようになっていた事と、「 Opera 9.5 Beta 」を入替えた時に漢字の豆腐状態が解消された事です。前回分では原因が判らず、取り敢えず meiryo 以外のフォント( .ttf )を全て Windows から取り除く事で一応の解決としていましたが、その手間が要らなくなりました。他に何か不具合があるかも知れませんが、これが最初の印象。

  • 今回の作業記録
    1. 日本語化に於いて前回との違い
    2. 通信環境設定
    3. アプリ入替え

  • デフォルトキャプチャー

  f:id:cuda:20090114022728j:image:w200 f:id:cuda:20090114022727j:image:w200 f:id:cuda:20090114022726j:image:w200

  f:id:cuda:20090114022725j:image:w200 f:id:cuda:20090114022724j:image:w200 f:id:cuda:20090114022723j:image:w200

  f:id:cuda:20090114022722j:image:w200 f:id:cuda:20090114022721j:image:w200 f:id:cuda:20090114022720j:image:w200

  f:id:cuda:20090114022719j:image:w200 f:id:cuda:20090114023144j:image:w200 f:id:cuda:20090114023143j:image:w200

  f:id:cuda:20090114023142j:image:w200 f:id:cuda:20090114023141j:image:w200 f:id:cuda:20090114023140j:image:w200

  f:id:cuda:20090114023139j:image:w200 f:id:cuda:20090114023138j:image:w200 f:id:cuda:20090114023137j:image:w200

  f:id:cuda:20090114023136j:image:w200 f:id:cuda:20090114023135j:image:w200 f:id:cuda:20090114023321j:image:w200

  f:id:cuda:20090114024135j:image:w200 f:id:cuda:20090114024134j:image:w200 f:id:cuda:20090114024133j:image:w200

  • 日本語表示 & 入力前回と違う点 )
    • DisableSecurity.CAB は要らない。
    • x1keytweaks.exe → x1keytweaksx.exe に変更。
      • XPANEL( 0xEA )の動作はそのままで、au( 0x7A )とSym( 0xEB )はキーコードのみ。
    • 「 FepToggle 」 と 「 PQz2 」( for Raphael )を導入。
      • au キーを日本語入力 ON / OFF 切替、Sym キーを ALT と SHIFT の切替に割り当て。

  f:id:cuda:20090110060236j:image:w200 f:id:cuda:20090110060235j:image:w200

    • 縦位置( Port )での日本語入力支援アプリとして、「 touchikeysip109 」+「 KEY0147 」導入。
      • 前の Ver の ROM は、SIP の切替が▲から一覧が現れず選択できなかった。その為「 SIPChange 」が入っていたが、選択してもリセット後にはまた Keyboard に戻ってしまっていた。今回は▲で表示はされるもののちょっと変な具合。結局、上記のように PQz2 で設定をすることで、縦位置で touchikeysip 表示の設定ができるようになった。
      • 「 Happy Tapping Keybord 」も iphone 風スキンで VGA を使用して導入。( O2O2 と同じスキンを使用してスキンが変わらなくてちょっと焦りました )
      • touchikeysip もそうですが、スキンの選択には filedlgchg.cpl を予め入れておく。
    • 「 IME_31J_F.cab 」と「 Enable_IME.cab 」は、使い方が悪いのか日本語入力がおかしくなったのでキャンセル。
  • 通信環境
    • 今回の妄想接続は、一発で Password の設定まで出来る「 ○○○○○○○○ Connection.cab 」を初めて使用して楽チン。
    • Settings < Connections < Advanced Network
      • HSDPA/HSUPA :“ Enable HSDPA only
      • GPRS :“CHAP authentication
      • このデバイスでの接続のキモになるのでしょうか? TreoPro や O2 Orbit2 には無かった設定です。これをしないと接続できないみたいです。
      • あちこちで、SIM を挿した時にデバイス側で自動設定される接続も残しておくと良いと言われていますが、私の環境ではなくても繋がります。何か落とし穴が無ければ良いのですがね・・・
  • メール
    • Settings < Connections < Connections < My Work Network に「 VFJP WAP 」設定を作成
    • PreSetupMMSLite.exe
      • O2O2 でもお世話になったお馴染みのアプリで、MMSLite 導入前の下拵え。
    • MMSLite.1.1.303.wm6.cab
      • UA 等の設定はいつものとおり。
    • SafeInboxExtender.CAB
      • メールの一括削除アイテム。
  • 入替えアプリ
    • GoogleMaps
      • デフォルト:Ver.2.0.1.35 → Ver.2.3.0.9
    • Opela Mobile
      • デフォルト:Ver.9.5( Build 2141 ) → Ver.9.51 Beta( Build 2723 )
  • AutoConnect V3.13 は NG。
    • 「 This applet feature can’t be enabled,because too much dlls are loaded.Stop residentail softwares then try again.」と、WM6.1 用暫定対策版で以前に出たエラーと同じ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。