– Ken忘録 –

スプラッシュの変更方法(O2O2編)

Posted in Orbit2 by cuda on 2008年6月17日
  • O2O2にいろいろなROMを焼いていると、スプラッシュが前のままの状態で、使用しているROMと違ってしまう事がありました。Treo750vのスプラッシュ変更方法を調べているうちに、たまたまhtcデバイスのスプラッシュ作成方法を見つけましたので、試してみる事にしました。Lion違いではありますが、ご愛嬌ということにしておいて下さい。

1)スプラッシュに使用したい画像を240×360サイズの.bmp(24bit)に加工。

2)『SplashTool』をダウンロード。

3)「nb_image_converter.exe」を実行。

  ・“Load…”で作成した.bmpファイルを開く。

  ・“Save.nb”にて任意の保存先を指定して変換完了!

    f:id:cuda:20080617232714j:image    f:id:cuda:20080617232715j:image

<追記>抜けていた工程

 ・3)で出来上がった.nb(追加したポジでは違う.nbですが)を「SplashTool.exe」と同じ場所において

   「SplashTool.exe」を実行。

    f:id:cuda:20080712041325j:image

    f:id:cuda:20080712041857j:image → f:id:cuda:20080712041934j:image

 ・4)へ

4)「htcrt.exe」を実行。

  ・Questionに対して「はい」を選択。

  ・htc rom tool が開くので、“ROM builder”タブを選ぶ。

    f:id:cuda:20080617232716j:image

  ・Device の項目で使用しているデバイス(Polaris*)を選択。

  ・Splash の項目は「…」で先程変換した.nbを指定する。

    f:id:cuda:20080617232717j:image

  ・“RUU_signed.nbh”のコピーを用意しておく。

  ・Build を押して、先程コピーした.nbhを選択して上書きをする。

    f:id:cuda:20080617232718j:image

    f:id:cuda:20080617232719j:image

5)出来上がった RUU_signed.nbh(258KB) を「ROMUpdateUtility」ファイルに入れる。

  デバイスをBootloderモードにしてPCとUSBで接続。

  後は、ROMUpdateUtility.exe を実行すれば出来上がり!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。