– Ken忘録 –

W61S と Orbit2 のデータ転送問題解決!?

Posted in Orbit2, W61S by cuda on 2008年5月27日

「APP」

W61SからO2O2のBT接続が出来なかったのですが、先日Arieさんのアドバイスによって見事に開通することができました。なんかやっと「スッキリ!」って感じです。ところが諸事情によりTreo750vを研究用Liteにしたら、以前のROMでは接続できていたのに、今度はTreoでBT接続が出来なくなってしまいました…

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Obex]

テストした順番にレポート

 1)O2O2(PDAMobiz OS 5.2.19581 build 19581.1.1.1 = BlackDiamond)の接続状態

     ・IsEnabled :「1」

     ・ObexServiceMask :「2」

     ・protocols :「bth」

   “ObexServiceMask”を「FFFF」に変更でOK!(Rebootも再ペアリングの必要なし)

 2)Treo750v(研究用LiteROM)の状態

     ・IsEnabled:0

     ・ObexServiceMask:2

     ・protocols:なし

   test1 -“IsEnabled”のみ「1」に変更して確認。接続不可。

         Reboot後には「0」に戻っている。

   test2 -“IsEnabled”「1」、“ObexServiceMask”「FFFF」に変更。接続不可。

         今度はRebootしても“IsEnabled”は「1」のまま。

   test3 - test2の状態に“protocols”(String)「bth,irda」を追加。接続不可。

         Reboot後は設定は残っているが、接続出来ず。

         再度ペアリングをし直すと、OK!

 3)O2O2(Polaris_WM6_1_WWE_OS_5_2_19900_Build_19900_Light_V098_PP24)の接続状態

     ・IsEnabled :「0」

     ・ObexServiceMask :「2」

     ・protocols :「bth」

   test1 -“IsEnabled”のみ「1」に変更して確認。接続不可。

         Reboot後には「0」に戻っている。…Rebootは本体を突っついた。

   test2 -“IsEnabled”「1」、“ObexServiceMask”「FFFF」に変更。接続不可。

         本体を突っついて、Rebootするとデフォルト状態に戻っている。

   test3 - test2の設定で、“KTPocketLaunch2”でRebootをさせると設定が保持されており、接続も

         可能になった。

   ※ Rebootは本体を「突っつく」よりも“KTPocketLaunch2”等で実施した方が良いみたい。

 4)O2O2(PolarisO2ukDumpedROM.rar)での接続状態

     ・IsEnabled :「0」

     ・ObexServiceMask :なし

     ・protocols :「bth」

    “IsEnabled”を「1」にして、KTPocketLaunch2にて再起動後に接続OK!…でもW61Sには「OPP」

    しか表示されていない。「DUN」は?“ObexServiceMask”(Dword):「FFFF」を追加してReboot、再度の

    ペアリングを行っても「DUN」が現れない。今回本体を突いてRebootしたが、FFFFは保持していた。

   

 因みに)Treo750v(Treかわ♪)

     ・IsEnabled:「1」

     ・ObexServiceMask:「FFFF」

     ・protocols:bth,irda

    ※ 最初からこの状態であれば、デバイス側からW61Sに新しくBT接続設定が完了した時点でW61Sに

      「DUN」と「OPP」が表示され、デフォルトでW61Sとのデータ転送が可能。

      さすが、chaiさんの無敵ROMです!(残念ながら私のデバイスでは安定しなかったのですが…)

  • それぞれどの状態でも全て接続出来るようになりましたが、頭がこんがらがってしまいました。結局、“IsEnabled”は「1」でなければいけませんし、“protocols”も無い場合は作成する必要があるようです。“ObexServiceMask”は無くても良いみたいですかね…(ちょっと後々問題が出るかも知れません)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。